友達が作ってくれたビーズのネックレス

私の友人の中に、アクセサリーを作るのが趣味の女性がいます。
見た目からは全く想像できない彼女。
それなのに彼女が作り出す作品には、上品で可愛らしく不思議な魅力があります。
ビーズを使って作られたブラン系のネックレスは、今でも私の大切な宝物として保管しています。
彼女は、仕事もバリバリこなすキャリアウーマン。
優しそうな丸い顔からは想像できないくらい努力家で逞しい女性です。
そんな彼女がどういう訳かアクセサリー作りをしている。
そのギャップもまた彼女の魅力なのかもしれません。
現在は、アクセサリー作りではなくパン作りを楽しんでいるとのこと。
次から次へと彼女の好奇心は尽きることがありません(笑)
私は一見優しそうでおとなしそうに見えるよう。
ところが、実は全く違ってはっきりと自分の意見を持っている強い人間です。
強いと言うよりもキツイと言った方が合うかもしれません。
アクセサリーを作ったりパンを作るような女性らしい人間ではなく、それよりもガツガツしたオンナっぽくないタイプ。
人は見かけには全くよらないものですね(笑)
しかし、そんな私ですが昔からこうだったわけではありません。
私だって柔らかい優しい女性でいたかった。
でも、それでは子育てはできなかったと思います。
たぶん、お母さんたちは多かれ少なかれそんな感じではないでしょうか?
時々、そんな自分が悲しくなることもないわけではありません。
もうアクセサリーなんて綺麗なものなど、私は似合わないんだろうなと思っていた時もらった友達からのネックレス。
だからでしょうか、凄く嬉しかったのです。

«
»